Dream Japan

2012年代表選手Interview vol1~7

2012年3月エキシビジョン、トライアウトの模様

女子野球W杯、3連覇の軌跡

日本女子野球協会ブログ

V IBAF WWC 2012 Stats



勝利の美学


篠塚和典氏が自身のベースボール・ヒストリーを綴った電子書籍

 「勝利の美学」
"Baseball Artist"、篠塚和典の思考法!

好評発売中!





□ Dream Japan 女子野球応援BLOG

第3回WBC日本代表がいよいよ3連覇を目指し、スタートをきりました。

女子野球も世界2連覇を達成し、3連覇のかかったW杯が五輪後の2012年8月に開催されたことはあまり知られていませんでしたが、現地時間8月19日に見事に3連覇を達成してくれました!

一野球人として、女子野球にもスポットを当てて、皆さんに女子野球の楽しさを少しでも理解してもらえれば、と思います。


□ 女子野球日本代表 Interview 2013 「磯崎由加里」投手


2013年には関東に女子プロ野球が出来、ヴィーナスリーグも4~11月の総当りの長期のリーグ戦に変更されるなど新しい動きが出て徐々に活性化されてきています。
2013年の幕開けは、やはり"W杯MVP"の磯崎投手のインタビューから始めたいと思います。

MVP・磯崎投手 MVP・磯崎投手
MVPに輝いた磯崎投手

―――― V3達成、おめでとうございます。また、"W杯MVP"おめでとうございます。準決勝、決勝と完投し、疲労はありません でしたか?

(磯崎)ありがとうございます。特にきつくはなかったですし、むしろ楽しめたと思います。

―――― その後の松山の大会で完全試合。さらに、リーグ終盤のジャイアンツ球場での試合でも完全試合を達成するなど、”ミス・パーフェクト”といってもいいほど絶好調でしたね。

(磯崎)1回目(vs福知山成美)は大学の先輩の里さんが先発だったので、最小失点に抑えようと思いながら投げていて後で完全試合だと気づきました。2回目(vs平成国際大)は最初は調子がよくなかったのですが、悪い中で調整しなが ら抑えることができて、途中でベンチの後輩が(完全試合であることを)教えてくれました。

―――― 本調子でない中でもアジャスト(調整)できるようになっているとは成長されている証ですね。W杯も含め、観ている方も驚く、まさに神懸かり的な活躍ぶりでした。

―――― W杯で印象に残っているのはやはり決勝でのアメリカの主軸タマラとの対戦で三振をとったシーンでしょうか?

(磯崎)はい、最後の決め球はストライクからボールになる球で、捕手の西さんも思っていた通りの ところに来たといってくれました。

―――― ところで、確か小1で野球をはじめたそうですが、その頃からピッチャーだったのでしょうか?

(磯崎)父が監督をやっており、最初野球を始めた頃は小っちゃくて、周りを見回したらマウンドが 高くなっていて、輝いてみえました。

―――― 男子の中でプレーして大変なこともあったでしょうが、結果的にピッチャーを選んでよかったですね。お兄さんもいらしゃいますが、ポジションは?

(磯崎)外野です、またピッチャーも時折やっていました。

―――― W杯準決勝完投、決勝完封とパーフェクトと期待以上のプレーをみせてくれました。今後もご活躍を期待しております。

(磯崎)ありがとうございます。

決して体が大きいわけでもない磯崎投手が代表のエースにふさわしい活躍をしてくれたことは、女子野球選手を目指す子供達にも夢と勇気を与えてくれると思います。
サッカーのメッシ選手もそうですが、まさに「柔よく剛を制す」「小よく大を制す」を実現している磯崎投手に今後も期待したいと思います。

MVP・磯崎投手

 ◆ プロフィール ◆

 氏名 : 磯崎 由加里(イソザキ ユカリ)

 生年月日 : 1991/7/26

 投打 : 右投右打

 所属 : 尚美学園大学

 代表歴 : 2010年、2012年

 ☆Official BLOG


□ ご案内:「女子野球日本代表 W杯史上初の三連覇の軌跡」NEW
        スマートフォン版、インターネットPDF版配布開始!


W杯史上初の三連覇 女子野球日本代表、世界一の軌跡 1 W杯史上初の三連覇 女子野球日本代表、世界一の軌跡 2 W杯史上初の三連覇 女子野球日本代表、世界一の軌跡 3

女子野球W杯史上初の三連覇の軌跡がスマートフォンアプリとして発売されることになりました。さらにインターネットユーザの皆様には、PDF版での配布も可能となりました!

2012年8月にカナダで開催された女子野球W杯。
日本代表は決勝の米国に勝利し、史上初の三連覇を達成しました!
その偉業の軌跡、女子野球日本代表選手名鑑、スペシャル・インタビュー、さらには特典として大会の模様を収めた各試合毎の写真集も収録した女子野球選手たちの夢が一杯詰まった永久保存版です!

V3を達成した新谷監督や大会MVP磯崎投手、志村キャプテンをはじめ、大会で活躍した各選手たちのインタビューも必見です!

・企画・販売元: 日本女子野球協会   制作協力  国際藝術協会
・価格: 500円(税込)

インターネットユーザ様向けPDF版のお申し込み、お問い合わせは、Dream Japan 事務局まで

Android版は Google Play から発売中 『女子野球W杯日本代表「史上初の三連覇の軌跡」』
「女子野球」で検索ください。



□ 女子野球日本代表、史上初の3連覇!
                      決勝で米国を 3 - 0 で撃破!


女子野球3連覇・エドモントン

 チーム 1234567 RHE
 米 国 0000000 071
 日 本 003000X 340

日本時間8月20日(現地時間19日)日本女子野球がカナダ・エドモントンでの女子野球W杯で米国を下し世界一!金メダルに輝きました!

米国に並んでいた優勝回数もこれで日本が単独1位になり、世界3連覇達成!
磯崎投手の見事な完封に、川端選手が3回裏に2死満塁で先制の死球、続く金(こん)選手が2点タイムリーで 3 - 0 勝利!

7回2死1、2塁のピンチも最後の打者エベレットをセカンドゴロに仕留めてゲームセット!

世界ランク1位の日本が米国に 3 - 0 勝利で、W杯での通算3度目の優勝を達成しました!

最優秀選手(MVP)には磯崎投手が選ばれました。

日本では五輪選手の銀座パレードもありましたが、まさにその始まる少し前に、「もうひとつの金メダル」を女子野球日本代表が獲得してくれました!

おめでとう、女子野球日本代表!そして"世界一"の感動をありがとう!!

MVP・磯崎投手 打点王・金内野手
MVPに輝いた磯崎投手 "決勝死球"の川端内野手 大会打点王の金内野手




□ 第5回女子野球ワールドカップが8月12日~19日まで、
カナダ・エドモントンの地で開催されます。


女子野球2010・ベネズエラ大会


過去最多の205名の中から、遂に最終代表20名が選ばれました!もうひとつの金メダルを賭けた戦いに注目です!


【投手】

磯崎 由加里 (尚美学園大学 女子硬式野球部)
新宮 有依 (平成国際大学 女子硬式野球部)
中島 梨紗 (侍)
吉井 萌美 (平成国際大学 女子硬式野球部)
里  綾実 (福知山成美高校 女子硬式野球部コーチ)
小西 美加 (大阪ブレイビーハニーズ)


【捕手】

西  朝美 (アサヒトラスト)

直井 友紀 (侍)

  

【内野手】

中野 菜摘 (尚美学園大学)
六角 彩子 (侍)
新井 純子 (尚美学園大学 女子硬式野球部)
出口 彩香 (尚美学園大学 女子硬式野球部)
金 由起子 (ホーネッツ・レディース)
大山  唯 (尚美学園大学 女子硬式野球部)
川端 友紀 (京都アストドリームズ)
田中 幸夏 (兵庫スイングスマイリーズ)  


【外野手】

志村亜貴子 (アサヒトラスト)
三浦 伊織 (京都アストドリームズ)
中村  茜 (兵庫スイングスマイリーズ)
萱野 未久 (シリウス)


・女子野球W杯YouTubeで中継




今後も適宜、インタビューや女子野球の情報を掲載予定です。

記事の掲載等DreamJapan女子野球応援ブログに関するお問い合わせ、情報配信ご希望の方は、Dream Japan 事務局 まで。




女子野球Interview 2012




2