Dream Japan

2012年代表選手Interview vol1~7

2012年3月エキシビジョン、トライアウトの模様

女子野球W杯、3連覇の軌跡

日本女子野球協会ブログ

V IBAF WWC 2012 Stats



勝利の美学


篠塚和典氏が自身のベースボール・ヒストリーを綴った電子書籍

 「勝利の美学」
"Baseball Artist"、篠塚和典の思考法!

好評発売中!



 

□ Dream Japan 女子野球応援BLOG

□ 女子野球日本代表 Interview 2013(vol.13) 「大山 唯」選手


2012大学王者、尚美の4番 大山唯選手をご紹介します!

ohyamaohyama

―――― 女子野球W杯V3の偉業、おめでとうございます。大山さんは第2回からの選出ですが、今回の大会(第5回)は如何でしたか?

(大山)春からなかなか調子があがらず、いまいち結果が出なかったのですが、福王さん(元巨人)にお会いしてから修正し、一回り大きく成長できたと思います。

―――― 代表では第2戦の米国戦でホームで好返球でアウトにされていましたね、元々地肩は強かったのですか?

(大山)高校では元々サードをやっていたのですが、大学に入って、ファーストにコンバートされました。

―――― 打撃は秋のリーグは.357という好打率でしたね?

(大山)秋は調子を取り戻してきましたが、4番という打順を任せられているのでそれにふさわしい結果を残したいと思っています。

―――― ところで、埼玉生まれとのことですが、西武ファンですか?若いので秋山、清原選手らのいた黄金時代はご存知ないですか?

(大山)はい、西武ファンです。黄金時代といわれた時代も振り返ってみてみたのでわかります。セリーグでは、ジャイアンツファンです。

―――― 尚美はヴィーナスリーグの強豪だと思いますので、新谷監督以下、皆さんでぜひ、また優勝目指して頑張ってください。 

(大山)がんばります。

―――― 鋭いスイングからの打撃に光るものがある大山選手ですが、ベンチ、内野のボール回しでもひと際、元気にチームを盛り上げています。今後、代表の中軸に成長する可能性を持った大型野手として応援したいと思います。

女子野球・大山選手


 ◆ プロフィール ◆

 氏名: 大山 唯/(オオヤマ ユイ)

 生年月日 : 1992/1/23

 投打 : 右投左打

 所属 : 尚美学園大学

 代表歴 : 2006,2008,2010,2012年        写真提供:日本女子野球協会            

□ ご案内:「女子野球日本代表 W杯史上初の三連覇の軌跡」NEW
        スマートフォン版、インターネットPDF版配布開始!

W杯史上初の三連覇 女子野球日本代表、世界一の軌跡 1

女子野球W杯史上初の三連覇の軌跡がスマートフォンアプリとして発売されることになりました。さらにインターネットユーザの皆様には、PDF版での配布も可能となりました!

2012年8月にカナダで開催された女子野球W杯。
日本代表は決勝の米国に勝利し、史上初の三連覇を達成しました!
その偉業の軌跡、女子野球日本代表選手名鑑、スペシャル・インタビュー、さらには特典として大会の模様を収めた各試合毎の写真集も収録した女子野球選手たちの夢が一杯詰まった永久保存版です!

V3を達成した新谷監督や大会MVP磯崎投手、志村キャプテンをはじめ、大会で活躍した各選手たちのインタビューも必見です!

・企画・販売元: 日本女子野球協会   制作協力  国際藝術協会
・価格: 500円(税込)

Google Play 版 (Android端末用)

Appleユーザ様向け申込フォーム

Internetユーザ様向け申込



□ 女子野球日本代表 Interview 2013(vol.12) 「直井 友紀」選手


女子野球にも球春到来!目指すは女子野球のモリーナ、直井友紀選手をご紹介します!

naoi

―――― V3達成、おめでとうございます。直井さんは初出場でしたが、開幕のオランダ戦、台湾戦、またオーストラリア戦でマスクをかぶりましたね。

(直井) 先発マスクだったオーストラリア戦の中島投手はクラブチーム(侍)でいつもコンビを組んでいましたし、磯崎投手とも高校でコンビを組んでいましたのでやりやすかったです。

―――― 規定打席未達ながら打率は”4割”でしたが、納得のいくプレーはできましたか?

(直井)はい、守備では納得のいくプレーができましたが、打撃はまだまだ課題がありました。

―――― チームでは、一番元気な選手として、直井さんの名前が何名かからあがりましたが、テンション高いのですか?

(直井)はい、元気が取り柄ですので、ベンチでも、試合でも、いつも声を出していこうと思っています。

―――― また、歯科大に通われているそうですね、将来は歯医者さん等になりたいのでしょうか?

(直井)はい、お兄ちゃんが事故で顔や歯を負傷してから、歯医者になろうと決めて、今、勉強しています。

―――― 関東ヴィーナスリーグの有名クラブチーム侍でキャッチャーとして活躍しながら、歯医者を志す”二刀流”、凄いですね!

(直井)ありがとうございます。(笑)

―――― ところで、野球以外の趣味は何でしょうか、音楽も聴いたりしますか?

(直井)レディガガは好きで、ちょうど、コンサートも観にいきました。(笑)

―――― 今後の目標、夢をお聞かせください。

(直井)また日本代表に選ばれて、4連覇に貢献したいです!

―――― 元気が取り柄の直井選手ですが、プレーの向上もさることながら、日本一元気な歯医者さんが誕生することを期待しています!

(直井)ありがとうございます!

―――― こういった選手が代表にいることが、女子野球のおもしろさでもあります。伸びしろがあり、さらなる成長も見込める直井選手の今後も楽しみにしたいと思います。

女子野球・直井選手


 ◆ プロフィール ◆

 氏名: 直井 友紀/(ナオイ ユキ)

 生年月日 : 1991/10/2

 投打 : 右投右打

 所属 : 侍(クラブチーム)

 代表歴 : 2012年(初選出)               

□ 女子野球日本代表 Interview 2013(vol.11) 「出口 彩香」選手


いよいよ3月になり、第3回WBCも開幕!ひと足先にV3を達成した女子野球日本代表の名遊撃手をご紹介します。

deguchi

―――― V3の偉業、おめでとうございます。出口さんは初出場でしたが、緊張などしましたか?

(出口) 初めてではありましたが、いつもリーグで一緒にプレーしている人たちも多かったのでスムーズに入っていけました。

―――― それに、茅ヶ崎市民栄誉賞おめでとうございます。

(出口)ありがとうございます。(笑)

―――― 代表では、野手最年少でしたかね?

(出口)吉井投手(平成国際大)が全体では最年少ですが、その次ですね。

―――― ベスト9にも選ばれ、守備には安定感がありましたね。リーグでも、完全試合で無難にゴロをさばかれていましたが、守備には自信がありますか?

(出口)はい、特にゴロには自信がありますが、W杯では人工芝で世界の強打者の打球が早いのでいつもより対応が難しかったです。

―――― バッティングでは如何でしたか?

(出口)やはり海外のプレーヤーはパワーが違い、打球も早かったですが、小技は日本が上だと思います。

―――― ところで、少女時代のファンだとか。

(出口)はい、そうです。(笑)

―――― 東方神起なども?

(出口)はい、K-POPが好きです。(笑)

―――― 打撃でも駒沢女子高校時代には首位打者を獲っていますよね。単打が多かったようですが、鋭い当たりもあり、これからも世界に負けないようにぜひ、ポテンシャルを発揮してください。

(出口)がんばります。

―――― 守備に安定感がある出口選手、これからは打撃面でも更なる成長が期待できる選手として応援したいと思います。

女子野球・出口選手


 ◆ プロフィール ◆

 氏名: 出口 彩香/(デグチ アヤカ)

 生年月日 : 1992/7/15

 投打 : 右投右打

 所属 : 尚美学園大学

 代表歴 : 2012年(初選出)

□ 女子野球日本代表 Interview 2013(vol.10) 「中島梨紗」選手


2013年発足の関東女子プロ野球の新球団、イースト・アストライアで活躍が期待される日本代表選手を紹介します。

risa

―――― V3達成、おめでとうございます。チームの副キャプテンとして、投手陣をまとめ、見事な世界一でしたね。

(中島)ありがとうございます。投手では年長になってきていましたので、チームワークを重視してのぞみました。

―――― ベテランと言われてもいるようですがまだまだお若い(1986年生)ですよね?

(中島)でも、若い選手も出てきており、年長ですから。とにかく、試合もそうですが、試合の前後やベンチでも、声をかけ、チームを元気づけるようにと思っていました。

―――― 桜美林大学ご出身ということですが、桑田投手の息子、川相コーチ(現巨人ヘッドコーチ)の息子らも在籍していますね。神村学園高でも中野、厚ヶ瀬、田中幸選手らの先輩で。(女子サッカーロンドン五輪代表GK福元選手もOB)

(中島)そうですね、INAC高良亮子選手らもいます。

―――― チームの人に聞くと、元気な選手として中島さんや直井さんらの声があがります。

(中島)そうですか、直井とはいつも侍というチームでやっている(バッテリーな)ので、常に声を出すようにと何度もいっていました。

―――― W杯では、オーストラリア戦で見事なピッチングをされていましたね。決勝でもブルペンで入念に準備されていましたし。確か留学をされていて、クラブチームにも代表のシェイ・リリーホワイトという選手が加入されていましたね。

(中島)計約一年近く、オーストラリアにいましたし、知っているメンバーも多かったのですが、試合は試合で、集中してのぞみました。シェイは侍(クラブチーム)でもセカンドで活躍してくれました。

―――― さて、2013年ですが、関東に新しくできる女子プロ野球に入団することが決定しましたね?

(中島)非常に迷ったのですが、社会人も経験しましたし、次のステップに進もうと思いトライアウトを受けました。

―――― チーム侍でもエース級の活躍と、打撃でも主軸(2012年春の首位打者)を打っていましたので、チームを離れるのは勇気がいったのではないでしょうか?

(中島)チーム(侍)からは、「寂しいな...。」といってもらいましたが、やはり新たな挑戦がしたいという思いが強かったです。

―――― ベースボールマガジンの記事では、関西のエース、小西投手を脅かす存在として、中島さんや、里さんの名前がありましたが。

(中島)いえいえ、個人の成績どうこう、小西投手と争うとかではなく、とにかく勝利に貢献したいと思っています。

―――― 新たな挑戦を決めた中島投手ですが、代表でもチームをまとめ、投打に才能を発揮する明るいムードメーカーでもあります。これからの"挑戦"を応援しております。

(中島)がんばります。


女子野球・中島選手


 ◆ プロフィール ◆

 氏名: 中島 梨紗/(ナカジマ リサ)

 生年月日 : 1986/12/27

 投打 : 右投右打

 所属 : イースト・アストライア(2013年より所属)

 代表歴 : 2006年、2008年、2010年、2012年

 ☆オフィシャルブログ

□ 女子野球日本代表 Interview 2013(vol.9) 「金由紀子」選手


2013年1月17日には関東女子プロ野球の発表がありますが、女子プロ野球でもなく、関東ヴィーナスリーグでもなく、北の大地で活躍する日本代表選手を紹介します。

kon

―――― V3達成、おめでとうございます。また、今回のW杯では、見事に「打点王」に輝きましたね。

(金) いえ、たまたまです。(笑)前の打者たちが出塁してくれたので、打点をあげることができ ました。

―――― 金さんはこれまで4度出場。今までと今回のW杯で違いはありましたか。

(金)各チームのレベルは高かったと思います。また、個人では大会前に打撃不振で悩みました。足 をあげるのか、あげないのかなど含め、調子がイマイチあがらず、調整に苦労していました。

―――― 男子のプロ野球でも、張本さんは摺り足で、王さんは一本足で有名ですし、最も悩ましいところですよね。

(金)そうですね、コーチと直前まで試行錯誤しながら大会に臨んだので、実は今回が一番不安 でした。

―――― でも大会にはいると調子を取り戻して「打点王」になりました。また、最終選考前の試合でもアウトとはいえ、外野 にいい打球を飛ばされていましたので観ている我々はやってくれると思っていました。本番で結果を残す辺りはさすがベテランです。

(金)いえいえ。

―――― 個人的に印象に残っている試合はありますか?

(金)ベネズエラ戦の2回表です。無死1、2塁のチャンスから2アウトになり、点が入らないと 流れが悪くなりそうな雰囲気がありましたが、そこで2点タイムリーを打てたことです。

―――― 先制タイムリーに、後に5回に、2盗、3盗も決められていて、まさに金さん大活躍の試合でしたね。

(金)流れをもってこれてよかったです。(笑)

―――― ところで、金さんは北海道のチームでプレーされているようですが、ファイターズファンですか?

(金)はい、特に金子選手のファンです。

―――― ファイターズは以前、東京にもありましたし、スター選手も多く、非常に良いチームを作っていますね。

(金)そうですね、北海道の試合はよく観にいきます。また、巨人の篠塚さんも現役時代、部屋にポスターを貼っていました。

―――― 北海道は女子プロ野球や関東ヴィーナスリーグとは違いますが、野球熱も熱いですし、いい選手を輩出していますね。

(金)そうですね、環境は違いますが、いい選手もいます。全国の大会では、松山の大会や千葉のクラブ選手権などを目標に毎年、調整しています。

―――― 積雪やリーグの課題などもありますが、環境にも負けず、今後のご活躍を応援しております。

(金)また代表に選ばれるようにがんばりたいと思います。


「大会打点王」に輝いた金選手ですが、同北海道出身の志村キャプテンと日ハム稲葉選手と共に、「北海道新聞スポーツ賞」も受賞しました。 おめでとうございます!

女子野球・金選手
打点王・金内野手


志村キャプテン(中)、新井選手(右)らとプロ野球コンベンションに出席した金選手(左)


 ◆ プロフィール ◆

 氏名: 金 由起子/(コン ユキコ)

 生年月日 : 1977/9/20

 投打 : 右投右打

 所属 : ホーネッツ・レディース

 代表歴 : 2006年、2008年、2010年、2012年

 ☆北海道新聞スポーツ賞受賞の記事



□ 女子野球日本代表 Interview 2013(vol.8) 「磯崎由加里」投手


2013年には関東に女子プロ野球が出来、ヴィーナスリーグも4~11月の総当りの長期のリーグ戦に変更されるなど新しい動きが出て徐々に活性化されてきています。
2013年の幕開けは、やはり"W杯MVP"の磯崎投手のインタビューから始めたいと思います。

MVP・磯崎投手 MVP・磯崎投手
MVPに輝いた磯崎投手

―――― V3達成、おめでとうございます。また、"W杯MVP"おめでとうございます。準決勝、決勝と完投し、疲労はありません でしたか?

(磯崎)ありがとうございます。特にきつくはなかったですし、むしろ楽しめたと思います。

―――― その後の松山の大会で完全試合。さらに、リーグ終盤のジャイアンツ球場での試合でも完全試合を達成するなど、”ミス・パーフェクト”といってもいいほど絶好調でしたね。

(磯崎)1回目(vs福知山成美)は大学の先輩の里さんが先発だったので、最小失点に抑えようと思いながら投げていて後で完全試合だと気づきました。2回目(vs平成国際大)は最初は調子がよくなかったのですが、悪い中で調整しなが ら抑えることができて、途中でベンチの後輩が(完全試合であることを)教えてくれました。

―――― 本調子でない中でもアジャスト(調整)できるようになっているとは成長されている証ですね。W杯も含め、観ている方も驚く、まさに神懸かり的な活躍ぶりでした。

―――― W杯で印象に残っているのはやはり決勝でのアメリカの主軸タマラとの対戦で三振をとったシーンでしょうか?

(磯崎)はい、最後の決め球はストライクからボールになる球で、捕手の西さんも思っていた通りの ところに来たといってくれました。

―――― ところで、確か小1で野球をはじめたそうですが、その頃からピッチャーだったのでしょうか?

(磯崎)父が監督をやっており、最初野球を始めた頃は小っちゃくて、周りを見回したらマウンドが 高くなっていて、輝いてみえました。

―――― 男子の中でプレーして大変なこともあったでしょうが、結果的にピッチャーを選んでよかったですね。お兄さんもいらしゃいますが、ポジションは?

(磯崎)外野です、またピッチャーも時折やっていました。

―――― W杯準決勝完投、決勝完封、パーフェクトと期待以上のプレーをみせてくれました。今後もご活躍を期待しております。

(磯崎)ありがとうございます。

決して体が大きいわけでもない磯崎投手が代表のエースにふさわしい活躍をしてくれたことは、女子野球選手を目指す子供達にも夢と勇気を与えてくれると思います。
サッカーのメッシ選手もそうですが、まさに「柔よく剛を制す」「小よく大を制す」を実現している磯崎投手に今後も期待したいと思います。

MVP・磯崎投手

 ◆ プロフィール ◆

 氏名 : 磯崎 由加里(イソザキ ユカリ)

 生年月日 : 1991/7/26

 投打 : 右投右打

 所属 : 尚美学園大学

 代表歴 : 2010年、2012年

 ☆Official BLOG



□ 女子野球日本代表、史上初の3連覇!
                      決勝で米国を 3 - 0 で撃破!


女子野球3連覇・エドモントン

 チーム 1234567 RHE
 米 国 0000000 071
 日 本 003000X 340

日本時間8月20日(現地時間19日)日本女子野球がカナダ・エドモントンでの女子野球W杯で米国を下し世界一!金メダルに輝きました!

米国に並んでいた優勝回数もこれで日本が単独1位になり、世界3連覇達成!
磯崎投手の見事な完封に、川端選手が3回裏に2死満塁で先制の死球、続く金(こん)選手が2点タイムリーで 3 - 0 勝利!

7回2死1、2塁のピンチも最後の打者エベレットをセカンドゴロに仕留めてゲームセット!

世界ランク1位の日本が米国に 3 - 0 勝利で、W杯での通算3度目の優勝を達成しました!

最優秀選手(MVP)には磯崎投手が選ばれました。

日本では五輪選手の銀座パレードもありましたが、まさにその始まる少し前に、「もうひとつの金メダル」を女子野球日本代表が獲得してくれました!

おめでとう、女子野球日本代表!そして"世界一"の感動をありがとう!!

MVP・磯崎投手 打点王・金内野手
MVPに輝いた磯崎投手 "決勝死球"の川端内野手 大会打点王の金内野手




□ 第5回女子野球ワールドカップが8月12日~19日まで、
カナダ・エドモントンの地で開催されます。


女子野球2010・ベネズエラ大会


過去最多の205名の中から、遂に最終代表20名が選ばれました!もうひとつの金メダルを賭けた戦いに注目です!


【投手】

磯崎 由加里 (尚美学園大学 女子硬式野球部)
新宮 有依 (平成国際大学 女子硬式野球部)
中島 梨紗 (侍)
吉井 萌美 (平成国際大学 女子硬式野球部)
里  綾実 (福知山成美高校 女子硬式野球部コーチ)
小西 美加 (大阪ブレイビーハニーズ)


【捕手】

西  朝美 (アサヒトラスト)

直井 友紀 (侍)

  

【内野手】

中野 菜摘 (尚美学園大学)
六角 彩子 (侍)
新井 純子 (尚美学園大学 女子硬式野球部)
出口 彩香 (尚美学園大学 女子硬式野球部)
金 由起子 (ホーネッツ・レディース)
大山  唯 (尚美学園大学 女子硬式野球部)
川端 友紀 (京都アストドリームズ)
田中 幸夏 (兵庫スイングスマイリーズ)  


【外野手】

志村亜貴子 (アサヒトラスト)
三浦 伊織 (京都アストドリームズ)
中村  茜 (兵庫スイングスマイリーズ)
萱野 未久 (シリウス)


・女子野球W杯YouTubeで中継




今後も適宜、インタビューや女子野球の情報を掲載予定です。

記事の掲載等DreamJapan女子野球応援ブログに関するお問い合わせ、情報配信ご希望の方は、Dream Japan 事務局(mail@dreamjapan.info) まで。


女子野球Interview2012





2